燃料切れトラブルを避ける

車の燃料切れで大変な思いをしたことありますか?

ガソリンスタンド
意外にも燃料切れのトラブルは多いのだそうです。

とくに高速道路では、その発生率はさらに高くなるそうですよ。

 

燃料切れが起きる原因としては、まず考えられるのが、燃料計や残量警告灯

を見落としていたという、うっかりミスがあります。

あとは、高速道路などで渋滞にはまり、予想以上に

燃料を多く消費してしまったというようなケースが考えられます。

 

ギリギリなのを知りつつ、もう少し行けるのでは?

と無謀なチャレンジをして燃料を切らせてしまう方もいるかもしれません。

いずれにしても、燃料切れは残量が少なくなる前に

余裕をもって給油すれば、必ず防げるトラブルです。

 

とくに高速道路を使って遠出をするときは、高速に乗る前に予め給油を済ませましょう。

走行距離が長い場合は普段の燃費などから計算して、

どのあたりで給油を行うか、事前に計画を立てておくことが大切です。

 

それでもうっかり燃料切れを起こしてしまった場合は、

どのように対処すればいいのでしょうか。

 

燃料が切れると、突然エンジンが止まってしまうこともありますが、

事前にエンジンの振動が大きくなったり、アイドリングが不安定になる、

パワーがなくなったように感じられる、などの症状が現れることもあります。

 

そうしたエンジンの不具合を感じたら、周囲の状況を確かめて、

安全に停止できるところに車を停めます。

 

もう少しいけばガソリンスタンドがあるから、と無理して走行を続けるのは避けるべきです。

本当に燃料切れを起こして、エンジンが突然止まってしまうと、

思わぬ危険に繋がることもあるからです。

 

安全なところに車を停止させたら、まずは落ち着いて

メーターパネルの燃料計や警告灯を確認してみてください。

燃料切れであることが確認できたら、JAFなどのロードサービスに

救援を依頼しましょう。

 

裏技ですが、あと少しでガソリンスタンドというような状況でエンジンが

止まってしまった場合、ボディを大きく揺するとタンク内のわずかなガソリンが

ポンプ付近に集まって、ほんの短距離だけ動かせることがあります。

 

ただし、この方法はあくまでも緊急事態の時と考え、

十分に周囲の安全が確認できる状況でのみ試してください。

 

浜松市・磐田市・袋井市で

自動車のキズやヘコミ、修理、板金のことなら

浜松自動車修理ネットでお探しください!!