夏の車内の温度上昇を抑えるワザ

とくに夏場は自動車の車内の温度が高くなり、
快適な環境に保つのには工夫が必要です。

炎天下 (1)

今回は、夏の車内の温度上昇を抑えるワザをご紹介します。
まず1つ目は、遮光フィルムを後方の窓に貼る事です。
これで、かなり車内の温度が上がるのを避けられますよ。

 

後方のサイドとバックの窓に、濃い目の遮光率が高いフィルムを貼ります。
水を窓にスプレーして、フィルムをカットして貼るだけで簡単にできます。
後方から差し込む、眩しくて熱い日光も遮る事ができます。

 

また、エアコンの効き目を高める事もできます。
さらに紫外線もカットする事ができ、
肌への負担も減らす事ができます。

 

2つ目は、エンジンを停止して駐車する時の工夫です。
フロントガラス部分にアルミ製のカーサンシェードを貼っておきます。
これで車内で早くエアコンが効く効果が上がり、涼しくする事もできます。

 

3つ目は、炎天下に車を駐車していると

座席などが熱くなってしまいますよね
その座席が熱くならないようにする事ができて、
より涼しい車内にする事ができるクールクッションというのがあります。

 

シガーソケットから電源をとり、すぐに背もたれと
座面部分の温度を下げられて車内を涼しくする事ができます。

  

浜松市・磐田市・袋井市で

自動車のキズやヘコミ、修理、板金のことなら

浜松自動車修理ネットでお探しください!!

夏場の車内の環境を良くする工夫、参考にしてみてくださいね。